基礎は簡単? ver.小松原 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 5月 27日 基礎は簡単? ver.小松原

 

 

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学創造理工学部

社会環境工学科3年の小松原です。

 

 

高校生の皆さんは中間テストが

一段落したところでしょうか?

 

復習忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

今日は基礎の大切さについて

話したいと思います!

 

 

 

さあ、皆さん“基礎”って聞いて

どんなイメージを持ちますか?

 

 

「簡単、

当たり前のもの」

 

 

「大事だけど、

そこまで意識していない」

 

 

なんて声が

聞こえてきそうですが、

 

 

基礎を疎かにして、

学力向上は見込めません。

 

 

 

家の土台(基礎)がしっかりしてないと、

安全に家が建たないのと同じです。

 

 

余談ですが、自分は今大学で

構造の勉強しています。

 

その中で強度不十分な

構造物の話はよく出てきます。

 

意外と強度が足りてない

構造物って多いんですよ。

 

 

 

さあ、本題に戻ります。

 

 

「基礎がしっかりしてないと、

学力向上は見込めません」と、

さっき言いましたが、

 

 

 

なぜ基礎は大切なのでしょうか?

 

 

 

 

例えば、大学受験で考えてみます。

 

 

大きな声では言えませんが、

大学受験のレベルであれば、

応用問題は基礎がなくても

できる場合があります。

 

 

 

数学の応用問題も

の問題を知っていれば、

別にその分野の基礎が

分かっていなくても解けます。

 

 

でも、その問題からちょっとでも

ひねられると、もうお手上げです。

 

 

そこで基礎の勉強が大切なのです。

 

 

 

「問題で迷ったときに

立ち返る場所がある」

 

というのは、

大学受験に臨むにあたって、

すごく重要です。

 

 

 

簡単だからといって侮らないように

しっかり基礎学習していきましょう!!

 

 

明日は村崎担任助手です!!