合格する方法は1つ? ver.小松原 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 4月 26日 合格する方法は1つ? ver.小松原

 

 

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学創造理工学部

社会環境工学科2年の小松原です。

 

4月も終わり、ようやく新学年に

慣れてきた頃かと思います!

 

因みにまだ自分は

前の学年を言ってしまいます(笑)

 

今日は受験方式について

説明したいと思います!!

 

 

 

さあ、皆さん受験で

”合格する為には

試験を受けるしかない”

ていませんか?

 

 

受験の方式は

学部学科によって様々ですが、

多くの大学で

幾つかの受験方式があります。

 

 

一番オーソドックスな試験を受けるタイプは

一般受験と呼ばれています。

 

一般受験はさらに

センター試験利用型入試や

2次試験(大学独自の試験)のみの入試などに

分かれています。

 

 

一般受験以外で有名なのは

AO入試

(アドミッションズ・オフィス入試)

と呼ばれるものです。

 

 

これはペーパーテスト(試験)で

合否を決めるのではなく、

受験者の高校の成績や志望動機

高校生活(部活や検定の取得状況)

などをみて

面接や小論文を行い、合否を決めるものです。

 

 

 

近年はAO入試を導入する

学校も増えてきました。

 

 

AO入試で一番大事なのは、

”自分のことを自分でどうやって

学校に伝えることができるか!”

です。

 

 

文章で書くと

簡単そうに見えますが、

自分のことをアピールすることは

難しいです。

 

 

AO入試を考えている人は

自分の長所や短所を

言えるようにしておきましょう!

 

 

また、AO入試は

倍率が非常に高いです。

狭き門ですが

チャレンジする価値はあります!

自分の志望する学部学科に

AO入試が用意されている人は

ぜひ検討してみてください。

 

 

 

 

 

 

次に紹介するのは

指定校推薦入試です。

 

 

 

これは公に募集はされません。

 

大学が高校に直接募集をかけます。

 

 

募集人数も学部学科も

限られますが、

そもそも志願者も少ないので、

 

倍率という概念は存在せず、

学校の選考さえ通ってしまえば、

ほとんど合格します。

 

 

ただ、指定校は

一回合格すると、

他の大学に

行くことができません。

 

 

 

なので、指定校で募集された所が

本当に自分の行きたい所か

よく考えてから

応募する必要があります。

 

 

逆に言えば

自分の行きたい所に推薦がきたら

大きなチャンスになります!

 

最初から目指すのは危険ですが、

大きな選択肢にはなると思います!

 

 

 

今日は入試方法について

紹介しました。

 

まずは志望学部学科に

どんな方法があるのか

調べてみてください!!

 

 

 

 

明日は玉川担任助手です!!