ついに4月!新年度!! ver.遠藤春菜 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 4月 2日 ついに4月!新年度!! ver.遠藤春菜

 

 

こんにちは!

担任助手(!!)年

遠藤です。

 

 

とうとう4月

やってきましたね!

 

冒頭あいさつでも

思わず自分で「‼」を

つけてしまいましたが、

私もついに2年生になりました。

 

 

私の学部は、

「地獄の法学部」

と言われていて、

正直留年してしまうのではないか

不安でしたが、

逆に心配しすぎて

テスト勉強を本気でやっていたかいあり、

無事進級できました…

 

 

 

先日、

東進ハイスクールを卒業し

大学に進む生徒のみなさんも、

決して大学の勉強を侮ることなく、

むしろ勉強に対して

緊張感をもっておいてください!

 

 

普通に

大学の勉強、

楽ではないです。

(そもそも大学は勉強するところですからね!)

 

 

 

 

さて、

私も進級したということは、

当然高校生のみなさんも

この4月

次なる学年に進んだことかと思います。

 

東進では

12月の段階から

「新」をつけて

通常の年度変わりより早く

1つ上の学年として扱います。

 

 

この4月からは、

その「新」も取れて、

本物の3年生、2年生、1年生です。

 

 

 

東進で

通常よりも年度変わりを早く

設定している意味は、

それだけ生徒のみなさんに

一つ進んだ視点をもってもらって、

受験への意識

早くもってほしいことにあります。

 

 

なぜなら

世の中には、

高3の4月になってから

受験への意識を持ち始める人が

一定数いますが、

実際の入試開始は

1月(センター試験)であり、

4月からのスタートでは

実質8か月程度しか

残されていないからです。

 

 

 

偉そうにつらつらと

書いていますが、

実は私も受験のスタートダッシュを、

心のどこかで

高3になってからでいいや、

と思っていた節がありました。

 

 

 

結局受験を終えて、

まず1番にあげたい反省点は

スタートダッシュが遅かったことです。

 

 

だからこそ、

みなさんには同じ後悔をしてほしくない!

そう思っています。

 

 

 

 

これを読んで、

正直に、

今まで

「高3になってからでいいや」

と思っていた生徒は、

この4月からは、

絶対に本気で頑張っていきましょう!

 

気持ちの面で

スタートダッシュが

遅れてしまっている分、

人の倍の努力が必要です。

 

 

もちろん、

この時期を迎えるより早く

受験への意識をきちんともって

勉強に励んでいた生徒は、

この4月から

もっともっと頑張っていきましょう!

可能性のかたまりです!

 

 

 

 

そして、

2年生になるみなさん。

いまから本気になれば、

まだ間に合います!

 

今のこの時期の

本気の受験勉強スタートが、

1年後の自分を

助けること間違いなしです。

 

意識がまだ受験に

向かっていなかった人は、

絶対に

この機会に

本気のスタートを切りましょう。

 

 

 

 

 

最後に、

このから

高校生になるみなさん。

 

みなさんは、

これから

入試改革という

荒波を

突破していかなければなりません。

 

今までの入試では

問われなかった力まで

試されるようになります。

それだけ準備期間も必要です。

 

 

もし自分の周りで、

「大学受験の勉強なんてまだ先で大丈夫」

などという先輩がいても、

みなさんの時代では通用しません。

ぜひ

このから、

受験勉強を

本気で、

スタートさせましょう。

 

 

 

 

長く、

熱くなってしまいましたが、

元受験生として

同じ後悔をしてほしくない気持ち故です。

 

実際、

毎年受験を終えた人の多くが、

同じ反省点をあげます。

 

 

未来の自分のためのも、

ぜひこのから

本気のスタートをきっていきましょう。

 

 

 

 

次は、加藤くんです!