おススメ勉強法(物理)!! ver.小松原 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2017年 9月 30日 おススメ勉強法(物理)!! ver.小松原

 

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学創造理工学部社会環境工学科2年の小松原です。

いよいよ10月なりますね!

センター試験まであっという間ですよ!

受験生は悔いのないように1日を送りましょう!!

 

 

 

今日は物理の勉強法について皆さんに

アドバイスしたいと思います!

 

 

まず理科という教科は物理化学生物の3つから

1つないしは2つ選ぶと思いますが、

2つの場合は物理・化学、化学・生物

どちらかが多いと思います。

 

物理は計算化学は半々生物は暗記という感じでしょうか?

そんな中で物理は計算が多いので、数学が嫌いな人は

かなり敬遠しがちです。(ただ、受験学科を考慮すると、

敬遠できず、渋々物化を選択する場合も多いです。)

 

 

でも、よくよく学習してみると、物理は単純です!

それを今日は見ていきましょう!

 

 

 

物理は大きく分けて、

力学(熱)波(光)電磁気の3つに

分類できます。

(近年はこれに原子を入れている所もありますが)

 

 

 

一番重要なのは力学です!

逆に言えば、力学が一番大変です。

 

なぜなら、計算量も多く、

単純に公式暗記だけでは対応できません。

(もちろん、残りの2つも公式丸暗記ではダメです)

 

 

 

さあそんな物理はどんな勉強すればいいかというと、

まずは公式を証明できるようにすることです。

 

証明できるということはなぜそれが成り立つのかを

わかっていることになるので、

ちょっと問題がひねられたとしても対応できます!

 

 

例えば、力学であれば、

全ての公式は運動方程式から変形できます。

 

それをここでやる暇はないので、

ぜひ自分で参考書等で調べてみて下さい。

 

(運動方程式自体は大学の力学で

より深く学習すると思います。)

 

運動方程式から導くことはかなり難しいですが、

理解できればとても有利になります!

(公式を忘れるということがなくなります。)

 

 

 

それが分かれば後は簡単です。力学の問題が出てきたら、

 

つり合いの式と運動方程式を

立てればいいだけです。

 

それらの式を変形すれば必ず答えは出てきます!

 

今回は力学を例に紹介しましたが、

解き方のパターンを理解してしまえば、

すぐに物理という教化は

得意分野になります!

 

大学に入っても、多くの学科で力学を学習するので、

今のうちに得意分野にしておくといいですよ!

 

 

 

明日は玉川担任助手です!