「正月特訓」 by三上 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 1月 7日 「正月特訓」 by三上

 

 

こんにちは!三上です。

 

 

 

 

お正月があけて

一気にセンターまで秒読みまできましたね。

 

 

 

今はもう志望校に関係なく

全受験生がセンター対策をやるべきです!

 

 

既に知っている人もいると思いますが

センター試験の範囲は

 

文系

高2までに修了

 

理系

理科、数学の一部を除き

高2までに修了

 

となっています。

 

 

 

受験にセンター試験を使うか

使わないかは人それぞれだと思いますが

受験生は必ず通る道で

「できて当然レベルの試験」

ということをもう一度確認して下さい!

 

 

 

具体的には書けませんが

対策さえすればかなり点数上がりますよ!!!

 

 

 

 

 

さて、

東進ハイスクールでは1月1.2日に

「正月英語特訓」

というものを行いました!

 

 

 

横浜校で開催された正月特訓は

横浜校、藤沢校、自由が丘校、武蔵小杉校、

センター南駅前校、平塚校、五反田校、川崎校、鶴見校、

各校から、センター試験に向けて英語を

完成させたいというやる気の高い生徒が集まりました!

 

 

 

また運営として各校からセンター直前にふさわしい

やる気のある担任助手も参加しました!

もちろん僕もそのうちの一人です!(笑)

 

スタッフの写真がこちら!

このメンバーで正月特訓を盛り上げていきました!

 

 

この2日間、いつもとは違う担任助手、生徒と

過ごし、感じたことは

「刺激的だった」

この一言に限ります。

 

 

ここからは少し自由が丘校の生徒に向けた、

さらに少し厳しい内容になります。

 

 

 

今の素直な気持ちは

「このままで自由が丘校の生徒は何人

第一志望校に受かるのだろう?」

ということです。

 

 

 

正月特訓に参加していた生徒と

生徒単位で比較しても、

正月特訓の会場だった横浜校と

校舎単位で比較しても、

そう感じてしまうときがありました。

 

 

 

例えばこちら、

正月特訓に参加した生徒の

勉強風景です。

 

 

写真を見てもわかると思いますが

この教室にいる生徒の中で集中していなかった

生徒は一人もいなかったと思います。

 

 

 

皆さんは今自信をもって

「100%集中できている!」

と言えますか?

 

 

 

もちろん集中できている生徒もいると思います!

ですが、自由が丘校の教室を回って

全員めちゃめちゃ集中してる!と思うことは

最近はあまりありません。

 

 

 

極端な話、

最後まで頑張った人ではなく

最後に頑張った人が大学に受かり、

今まで頑張って来たけど最後だけ

頑張れなかった生徒は大学には落ちてしまうと思います。

 

 

 

 

実際、僕も同じような思いをしました。

皆さんも感じたことはあると思います!

 

 

例えば定期テスト!

自分はいつもコンスタントにやってきたけど

一夜漬けのA君の方が点数が高い!?

みたいな。

 

 

受験も定期テストと同じで、最後にどれだけ

詰め込められるかが勝負の分かれ目だと思います。

 

 

 

 

もちろん今年受験でない生徒は、

じゃあ自分は一夜漬けタイプだ!直前でいいや!

なんて思わないでくでさい。

一夜漬けで赤点を取っている友達もいますよね?

 

 

 

 

要するに何が言いたいかというと、

直前に勉強しないという選択肢なんてない

ということです。

 

 

 

 

正月特訓に参加していた生徒の

集中力は本当に凄かったです!

集中しなくてはならないという気持ちと

全員がそう思っているというあの環境が

最高の雰囲気を作り出していたのだと思います!

 

 

 

残りもわずかなので、

皆さん!今までにないくらい集中して

今までの倍くらいのスピードで勉強して

納得のいく受験生活にしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました!